トップ

日々の食生活で気をつける事

生活の中での咀嚼回数

変化

現代生活における体型の変化

現代生活による日本人の体型の変化は、一食当たりの咀嚼回数の減少が要因の一つとされています。咀嚼により、頬の後ろにある咬筋を働かす事で大脳が刺激を受け、脳の循環が活性化し脳が大きく発達して来た進化の歴史があります。しかし、洋食や外食産業の台頭などで一食当たりの咀嚼回数が620回と著しく減少しています。弥生時代は約3000回以上、鎌倉時代でも2500回以上咀嚼していたとされています。咀嚼回数の減少が、メタボリックシンドロームと呼ばれる肥満体型を増加させていると問題視されています。日々の食生活における咀嚼回数の増加は、効率の良い健康法であり、有効なダイエット法です。

体型を維持するための注意点

生活をしていく上で気を付けたいのは、健康面への配慮ですが、具体的な話として、体型の変化と言うのも気を付けたいポイントの一つです。普通に暮らしている分には特に問題がなくても、引っ越しをして環境が変わったり、仕事が変わって活動時間が変わったり、出産をして生活のリズムを戻せなくなるなど、人生の中の色々な場面で、今までとは暮らしに変化が生じてくるものです。そして、健康、体型と言うのはこういった時期に変わりやすいものです。睡眠状況や食べること、運動量などに関して、今までと大きな変化はないかと言うことを確認しつつ暮らしていくことが大切です。

生活の意識の情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 日々の食生活で気をつける事. All rights reserved.